スーパーマーケットやコンビニのレシート用紙、銀行ATMのご利用明細書、電機やガスの検針票など様々な用途で使用されているのが 「 感熱記録紙 (サーマル紙) 」 です。

この 「 感熱記録紙 」は、熱を加えるだけで発色する性質をもっています。

今では日常の生活の中にに溶け込み、情報の伝達や記録することで役立っています。


感熱紙の表面には、特殊薬品(ロイコ染料、顕色剤等)が塗工されており、感熱プリンターで熱を加え印字することにより、鮮明な文字や画像を実現いたします。

特長:メンテナンスフリー(インクの補充やインクリボンの取替えが不要)
    ランニングコストが安く、印字のスピードが速い
    各種プリンター用紙として、幅広く使用されています。

 <使用上の注意> 高温、多湿、直射日光の場所での保管は変色いたしますのでご注意ください。
   表面を擦すると発色し、塩ビ系、可塑剤等と接触させると印字の退色の原因となります。